ナッツがチェリーアイになった

| コメント(0) | トラックバック(0)
cherry.jpg
ナッツが「チェリーアイ」になってしまいました・・・。涙。

「チェリーアイ」とは、第三眼瞼腺(犬には人間と違ってもう一枚薄いまぶたがあるそうです。そのまぶたをを第三眼瞼と言うそうです)が赤く膨張して目頭から外にとびだします。

それがチェリー(さくらんぼ)のように見えるため、一般にチェリーアイとよばれます。
大きくふくれた第三眼瞼腺が目を直接刺激したり、目頭の不快感で犬が目をこすったりするため、結膜炎や角膜炎を併発することがあるそうです。

ぷくっとふくれた部分をすぐに押して中に戻してしまえばそれっきりなんですが、一度出てしまいそのままにしておくと炎症を起こしてひっこまなくなります。
戻らなければ手術です〜!!

今までもこの症状は4回くらいあり、いずれもお風呂に入ったあと(激しく水遊びをするせいか?)チェリーアイになることがありました。でも、いつもはすぐに戻るので今回もたいしたことはないかと・・・。

しかし!先週の金曜日の夜に症状を出し、私が次の土日がテニス合宿でおらず、きむま氏にナッツをお願いしていったのだが、彼も「病院に行く事はないだろう。」と思っていたらしい・・・。
私は、これがチェリーアイだと知っていたので、まだ目が戻っていないと知っていたら病院にすぐ連れていってと言えたのにぃ〜!きぃ〜!!!

という訳で手術の可能性が高いナッツです。
来週末までにひっこまなければ(ひっこまないだろうと言われてます)ナッツは手術です。

いや〜!痛い〜!!!!!
手術方法は"埋没法"というもので、失明などのリスクはほとんどないとのこと。
時間も30分くらいで終わるとはいえ、やはり切ったり縫ったり、全身麻酔をするそうな・・・。

どうか、ひっこみますよに!
ナッツの第三の瞼!!!!!!

人気ブログランキングへ

>>人気ブログランキングぽちっとお願いします!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.weloveshonan.com/mt/mt-tb.cgi/15

コメントする

cafe134について

CAFE134は実際のカフェではございやせん。 湘南にある我が家を勝手にこう称しているだけでございます。 日々の暮らしと犬たちとの生活など、ぼちぼち更新してまいります。
【手作りご飯に至った経緯】
ナッツは生後4ヶ月の時から皮膚が弱く、アレルギー持ちとして生活してきました。 投薬などをしてきましたが、体質改善をしたいと決意。 手作りご飯で体を強くしようと様々な文献を読み実行。しかしながらナッツの病状は 悪化。現在は療養フードと病院指示の手作り食に切り替えております。

yoshi
管理人:yoshi
日々、犬バカぶりに進化をとげるCAFE134の飯炊き。
現在フリーランスのWebデザイナーとして02 webworks studio で活動中。

kimuma
管理人:きむま
時々湘南界隈の海に出没するプチ写真家。 個人サイトWe Love SHONANを運営中。

NUTS+MOCHA
ナッツ(右)
ミニチュアダックスフント・ロングヘアード(BT)
2004年8月25日生の男の子。
性格:人懐っこいが最近人見知り気味。食に対する意識がものすごく強い。
表情が顔に出る。
スキなモノ:ごはん・水遊び
嫌いなモノ:爪切り・電車の音

モカ(左)
ミニチュアダックスフント・ロングヘアード(CT)
2005年7月23日生の男の子。
性格:人見知り。小心者で寂しがりやのあまあま。
弟の権力を行使してナッツの遊びを奪うのが得意。
スキなモノ:人のぬくもり
嫌いなモノ:留守番

他サイト

02 web works studio 湘南ルート134 コンビ二袋で10ミニッツビーチクリーン We Love SHONAN